防波堤のグレの釣り方

防波堤でグレを釣るという場合には、テトラ廻りで
グレの隠れる場所が大体5m以上の水深になっているところ、
手前は浅くてもカケアガリがあって沖は水深があるところなどが
グレのよくいそうなスポットです。

グレ釣りのタックルについては、基本的に0.6号から
1.0号のものを使用することが推奨されています。

ですがテトラ廻りの足下に潜られる場合には扱いやすい
ソリッドの穂先を使い、円錐ウキ仕掛けと当たりウキ仕掛けを
準備しておくと良いでしょう。

道糸は1.5号から1.75号のものを使用し、風が強いような場合は
細いものを使うことが良いでしょう。

ウキに関していえば、小粒のSサイズ円錐スリムウキを使い、
遠投でも見えるようなものを使うと便利であるといわれています。

グレの釣り方としてはポイントに直接打つこともひとつの方法であり、
この場合には一杯撒きをして、グレを呼び寄せるとより効果的です。

ほかにも縦ながに帯状に打つ方法、扇状に打つ場合などがあり、
グレの特性やその日のコンディションによって使い分けると
良いかもしれません。

ポイントの仕掛け投入場所は釣り方によって異なりますので、
注意が必要です。

また、一般的にいわれていますが、グレは警戒心が特に強く
影、物音にとても敏感です。

防波堤や磯ではこのことに気をつけて、影などが海に
映らないような体勢で釣ることがポイントになります。

また、できるだけ遠投して釣ると影や音が聞こえませんので、
そのようにすることもひとつの方法です。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0