グレは潮目を狙え!

「グレは潮目を狙え」とよくいわれますが、そもそも
この「潮目」とは、潮と潮の境目のことを指しています。

そもそもグレ釣りをするときは、特に内湾の
おだやかな場所で釣りをするような場合が多く、
このような場合であれば潮の流れがつかみにくく
なってしまいます。

この点については経験が必要になってくるわけですが、
基本的に海面の泡、ヨレ、波の立ち方に注目することが
重要です。

つまり海面に生じる泡は潮によって流れて動き、
潮と潮がぶつかる潮目になりますので、帯状に
たまりやすくなり、潮目を見極めるときの助けになります。

ヨレとはサラシの切れ目に現れる現象であり、海面が
ねじれたように、つまりよれたように見えるものです。

これによって潮目を簡単に見極めることができます。

波の立ち方というのは、風がないのに逆波によって
海が白波のようになっていたり、鏡面のようになっている
といったことを確認するという視点です。

そのほかに比較的わかりやすい見分け方としては、
潮の色の違いを見ることが挙げられます。

たとえば白い色と青い色の境目があれば、そのあたりは
潮目であるという可能性が極めて高いということになるのです。

実際にこういったスポットにターゲットであるグレが
潜んでいる確率も高く、そこを重点的に攻めること
によって多くの当たりを期待することができます。

このように、かすかな海の変化を俊敏に察知することが、
グレ釣りにとって第一歩になるということができそうです。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0