グレ カゴ釣りの仕掛けは?

カゴ釣りは集魚効果の高いオキアミが登場したことから、
撒き餌が届かない沖を狙うために考え出されたものです。
文字通り、カゴの中に撒き餌を詰めて釣る仕掛けです。

グレ釣りにはウキフカセという仕掛けを使うことが一般的ですが、
撒き餌と刺し餌をうまく同調させるためにはかなりの経験を
積まなければ、なかなか難しいものです。

カゴ釣りをする場合には、難しい仕掛けを使う必要はありません。
カゴの中の撒き餌と刺し餌が同調している上にカゴが水中ウキの
代わりとなり、仕掛けと撒き餌が離れることも少なくなります。

カゴ釣りは大型の魚を狙う上に遠投性が求められるものですので、
3号から5号ほどの専用の竿を準備します。

リールも太糸でかなり沖まで流しますので、大口径の
カゴ釣り専用リールを使用します。

ウキはフカセ釣りと違い、感度よりも見やすさが重視されます。

カゴは着水すると同時に撒き餌のこぼれる状態が理想ですので、
網目の大きいナイロンカゴが適しています。

潮と潮が合流する部分には海水の壁のようなものができ、
そこにプランクトンが集まるため、捕食しようと多くの種類の
魚が集まります。

潮目は沖の方にできやすいものですので、遠投に優れた
カゴ釣りが有利になるのです。

沖になるほど潮の流れは速くなりますので、ハリスも充分に
長さをとる必要があります。

ハリスを長く取るとカゴと絡む場合もありますので、トラブルの
起きない投入技術を身につける必要があります。

カゴ釣りは回遊魚が対象となっていて、グレに関しては
少し沖のシモリや本流を直接狙うことができるため、
フカセ釣りよりも良いものを釣ることができる場合もあります。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0