グレ 釣果が期待できる釣り方

グレは警戒心が非常に強い魚ですが、条件さえ合えば
仕掛けや釣り方などにかかわらず、誰にでも簡単に
釣ることのできるときがあります。

グレの性格と海面の状態を把握することができるように
なれば、グレ釣りも一段と楽しくなります。

グレは撒き餌に反応して突進してくる魚ですので、
ある程度潮の流れがあるポイントを見つけて撒き餌に
うまく刺し餌を合わせます。

撒き餌はオキアミと集魚剤を組み合わせたものが一般的です。

グレ釣りにはウキフカセという軽い仕掛けを使い、
竿は5メートルから5.3メートルの1号磯釣りにして
リールには2号道糸を巻きます。

円錐ウキはBから3Bのものであれば4ヒロ程度まで
対応することができますが、海の状態に合わせて
なるべく個数を準備するようにします。

グレが餌を食べる場所は、潮と潮が合うところです。
足元のひかれ潮が先の潮の壁によってなじむポイントです。

風向きや強さ、潮の流れを読んでタイミング良く仕掛けを
投入するためには、一定程度の経験が必要とされます。

グレは刺し餌を飲み込んでも、針の違和感によって
吐き出してしまう場合があります。

ウキの手ごたえがないにもかかわらず餌だけがなくなっている
という場合は、ウキ下と仕掛けを調整します。

ウキが海面下にある場合は浮力を大きなものに変え、
浮力がありすぎるようであれば極小のオモリで調整します。

アタリウキは感度が高く、少しの当たりにも合わせることが
できますので、飛ばしウキの下につけるということも良い方法です。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0