グレ 記録 日本一はどのくらいのサイズ?

磯釣りで人気のあるグレ釣りですが、厳密にいうと
グレには口太グレ、尾長グレ、コッパグレと呼ばれて
いるものがあります。

ちなみに「グレ」とは関西で呼ばれている呼び名であり、
関東ではメジナ、九州ではクロと呼ばれています。

和名はメジナであり口太グレがメジナ、尾長グレは
クロメジナ、コッパグレはオキナメジナを指しています。

特に西日本で人気の魚であり、本場である関西の
影響であるのか、全国的にグレと呼んでも通用する
ようになっています。

口太グレやコッパグレは沿岸域に多く住みついていて、
尾長グレは外洋の磯に多く住んでいて回遊性の高い魚です。

釣り場は関東から西の沿岸となっていて、日本海側でも
本流の影響を受けるような場所では当たりが期待されます。

グレの身はやわらかい白身であり塩焼きや刺身、
また煮付けや吸い物などにしてもおいしく食べることが
できます。

寒グレは特に旬であり、脂がたっぷり乗っていて
刺身にすると最高においしい魚です。

グレ釣りの醍醐味は、引きの強さにあるといった声が
多くあります。
特に尾長グレは口太グレの上をいく引きの強い魚です。

口太グレは一般的にもっとも大きくて60cm程度、
尾長グレで70cm程度まで成長するといわれています。

口太グレの日本最大記録は67.5cmであり、
尾長グレですと83.3cmという記録があります。

グレ釣りで大物を狙うのであれば釣り場や技術のほか、
運や気持ちも必要であると一般にいわれていますが、
そのためにはやはり経験を重ねることが近道である
といわれています。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0