グレに必要な釣り道具は?

グレを釣るために必要な道具としては、竿については
釣に行くときの磯や天気などに応じて選択する必要が
ありますが、グレ釣りにはタモや大小の柄杓など、
3種類ほどあれば十分であるといわれています。

竿の号数は2号、1.75号、1.5号、1.25号のものがあれば、
大体対応することができるでしょう。

ちなみに50cmまでのサイズ場合は1.5号から1.75号、
60cmまでのサイズを狙う場合は1.75号から2.25号、
風が強いような場合でしたらインナーロッド1.5号などを
使うと良いでしょう。

ほかの魚の釣りにも共通するものですが、UV偏光グラスや
レバーつきのリール、ナイフ、プライヤ-なども欠かすことは
できないでしょう。

グレ竿の選択についてはソリッド穂先外ガイドロッド、
チューブラー穂先外ガイドロッド、インナーロッドなどを
ラインの落とし込みと穂先での当たりの取り方などによって
変えてみると良いでしょう。

また、最近ではスーパーフレックスタフネス穂先という
万能タイプもありますので、それらを使うこともおすすめです。

タモに関しては、直径サイズは45cmで枠は
ステンレスタイプのもの、長さは5.5mか6.0mのものですと
使いやすく、欲をいえばチタンなど軽いものですと、
使い勝手が良いといわれています。

道糸は1.75号、2号、2.5号、3号と変えながら、
スプールを含め巻いて使います。

リールはレバー付きのクイックオンタイプの2,500番から
3,000番が最適であるといわれています。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0