グレ ウキの種類と特徴

グレを釣る場合、ウキの役割は一般的に当たりを取るもの
であるとされています。
ですが、この役割は二次的なものであるのかもしれません。

仕掛けにウキがついていないと、狙ったポイントに落とす
ことができません。
仕掛けを狙ったポイントに届けたり、落ち着かせることが
最大の役割ということになります。

グレを釣る場合に多用されているウキは、円錐タイプのものです。
円錐ウキはアタリを感じやすく、また仕掛けが馴染みやすいため、
タナを自在に変えることができます。

グレ釣りの際にいろいろなタナを探ってみたいといったときには
最適のタイプです。

このタイプには、多くの種類があります。
その中でももっとも種類の多いものが、ドングリタイプです。

バランスの良い万能タイプですが、傾き抵抗が気になります。
下にふくらみのあるものが、逆円錐タイプです。
水中入り抵抗は大きくありませんが、傾き抵抗に少し問題が
あります。

ドングリにトンガリ坊をかぶせたような形のものは、
三角ヘッドタイプです。
視界性は良いのですが、巻き上げて抵抗が大きくなるタイプです。

円錐タイプと円型の中間タイプのウキもあります。
重心は中心にあり、水入り抵抗も傾き抵抗も少なく、
バランスの良い万能タイプです。

また、ウキの大きさによっても、その特徴は変わってきます。
大きなサイズのものは、仕掛けが重い場合や遠くに投げる
場合などに適していますし、小さいサイズは軽い仕掛けを
使って近くで釣るような場合に適しています。

それぞれの種類によって特徴が異なりますので、
それぞれの特徴をどれだけ活かした釣りをすることが
できるのかがポイントになります。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0