グレ ルアーの種類と仕掛け

グレは非常に敏感であり、また神経質な魚ですので、
釣ろうというときには仕掛けに対しても細心の注意を
払わなければなりません。

そのため、基本的にはルアーで釣るような方は
どちらかというと少数派ということになります。

時にはベビーサーディンなどを使って偶然に釣れるような
場合がありますが、なかなか狙って釣ろうとするということ
には難しさがあります。

また、メバル用のワームやプラグでも釣ることができるようです。
しかしながら、これらの常識もいつ覆されるものであるのかは
わかりません。

というのも、鯛やチヌも少し前まではルアーでヒットしない
ということが一般論であったのですが、最近では専門の
ルアーも開発され、ルアーの対象とされています。

ただ、一般的にルアーに反応するのは魚を食べる魚に限られる
といわれていますので、グレの場合では難しいのではないかとする
専門家の方も少なくないようです。

また、仕掛けについては潮の流れに合わせて仕掛ける
必要があります。

たとえば潮の流れが速いような場合であれば重い仕掛けで対応し、
逆に潮が穏やかな場合には軽い仕掛けで対応することによって、
当たりを期待することができます。

また、細かい点についていえば、ウキからハリスとの結び目までの
角度はガンダマの重さなどで調整していくと良いでしょう。

ちなみに水面下1mと3mのところでは、流れの速さが異なります。
そのためそのときの天候や風、波、水温といった状況に応じて
細かな調整をする必要があります。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0