グレの釣り方で効果がある方法とは?

グレを釣ろうというときに、二段ウキを使用すると非常に有効です。
二段ウキとはその名のとおり、ふたつのウキを使った釣り方の
ことをいいます。

これは、仕掛けを飛ばす役割とアタリを表現する役割を別々の
ふたつのウキに分ける方法です。
2種類のウキの長所を生かし、短所を相殺することができる
というものです。

グレを釣る際には、ウキ同志を30cmから40cmほど離すと
良いといわれています。

基本的には固定式ということになりますので、ハリスは長くとります。
一般的には2から4ヒロのハリスをとる方が多いようです。
グレは潮の流れに敏感であることが知られていますので、
潮の流れには細心の注意を払わなければなりません。

二段ウキであれば、初心者の方でも潮の状態を読みやすくなります。
たとえばアタリウキが先行した状態は底潮が動いている状態と
いうことになりますので、アタリが非常に出やすくなっていると
理解することができます。

逆に飛ばしウキが先行して上潮が滑ったり、風に道糸が
とられたりしている状態であればサシエが先行しませんので、
あまり当たりを期待することのできない「良くない潮」である
ということができるでしょう。

このように潮の流れに注目することができますが、投入する際にも
注意は必要です。

たとえば投入しようと予定していた場所よりも沖に仕掛けを
振り込むことによって、さらに当たりを出やすくすることもできます。

また、鈎先から着水するように心がけ、着水した時点で
狙いのところまで引いていくようにします。
そうすると仕掛けが伸びてきますので、当たりも出やすくなるでしょう。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0