グレ釣り 撒き餌の作り方効果的な撒き方

グレ釣りの撒き餌の作り方、また効果的な撒き方を
覚えることによって、グレ釣りのレベルはひとつ上がる
ことになります。

グレ釣りに使う撒き餌の作り方については、自分が
行いたい釣りのイメージによって作成方法も変わって
くることを覚えておきましょう。

グレ釣りもベテランになると、撒き餌を作った時点で
釣れるか釣れないかが決まっているものであると
考える方もいます。

まずポイントとしては、集魚材を配合することです。
沖を攻めるときのことを考えると、集魚材は欠かすことの
できないものとなります。

近場のポイントを狙うときにはそれほど気になりませんが、
風の強い日などに沖を狙っていく場合などには、集魚材が
あるとないとでは、かなりの差が生じることになります。

集魚材が入っていない場合ですとオキアミなどの場合、
風の影響を受けることによって沖まで飛ばすことができません。

このようなときに集魚材が撒き餌に配合されていると、
遠くまでまとまったオキアミを飛ばすことができます。

また、集魚材を入れることによって、幅広い深度にも
対応することができるようになります。

集魚材の配合比率を変えることによって、自分の釣り方に
合わせた深さを狙いやすくなるのです。

このように効果的に撒き餌を作り、効果的に撒くことによって、
成果にも大きな差があらわれるでしょう。

撒き餌の作り方と効果的な撒き方は、グレ釣りの上級者を
目指すためには忘れることのできないポイントとなりますので、
確実に身につけましょう。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0