グレ釣りで人気のタックルは?

グレ釣りのスタイルとしては、防波堤でのウキ釣りや
カゴ釣りなどがあります。
磯でのグレ釣りでは、円錐状のウキを使用した
ウキフカセ釣りが一般的です。

グレ釣りに用いるタックルとしては、防波堤などでの
ウキ釣りの用途などに使用している磯竿や
スピニングリールを使用することができます。

それでもいざ釣り始めてみると、それなりに専用性や
優位性のある道具が欲しくなってくるものです。

グレ釣りに使う専用のタックルとしては、ウキフカセ釣りで
1号から1.5号程度の磯竿で5mから5.3m程度のものが
一般的に選ばれるものとなっています。

また、グレは餌を食べると反転して下に向かう習性があることから、
腰が強くグレの動きに耐えることができ、しかも穂先でアタリを
とりやすい先調子のロッドが向いているといわれています。

最近は、穂先がやわらかく折れにくい材質を使用したロッドが
人気となっています。
スーパーフレックスタフネスやTAFTECソリッドなどが人気の
穂先となっています。

ガイドロッドのガイドはチタンフレームのSICガイドT-IMSGを使用した
絡みの少ない形状のものが、人気となっています。

リールはレバー付きクイックオンタイプの2,500番から3,000番で、
ドラッグ付きのものが支持されています。

タックルバランスはロッドが1.25号から1.5号、道糸の号数は
1.75号から2号、ハリスの号数は1.5号から1.75号、グレ鈎の号数は
5号から6号ほどのものが人気を集めているようです。

このタックルバランスは、グレの大きさを30cmから50cmほどを
想定しているものです。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0