グレ釣りの仕掛けの種類

グレ釣りの仕掛けの種類は多くありますが、口太グレを
釣る場合の道糸であれば基本的に、2号から2.5号のもので
十分であるといわれています。

それにつなぐハリスについては、1号から1.5号で
フロロカーボン製のものが望ましいとされています。

さらに道糸に関しては、一般的なナイロン製のもので
問題はありませんが、視覚性に優れたものが
ふさわしいでしょう。

たとえばオーソドックスな蛍光グリーン、一般的なホワイト系
などであれば、どのような場合でも見やすいものとなっています。

道糸にはさまざまな種類があり、海面に浮くフロート系の
ものは、ラインのすべりが優れています。

また、サスペンド系は潮のりが良いため、基本的には
どんなコンディションであっても風の影響を受けないことが
メリットになっています。

ハリスは海水よりも比重の重いフロロカーボン製の
ものを使えば、根ずれなども気にすることなく、
引いていくことができます。

また、俗説によるとグレは目が良く、太い糸であると
警戒してしまうともいわれています。

そのため、グレから見えにくいようにハリスを細くすると
良いというような意見もあるようですが、確たる根拠は
特にないといわれています。

むしろ、あまりにも細い糸ですと容易に切れてしまうため、
当たりが来たときに糸が切れてしまうという最悪の結果に
なりかねません。

つまり、自分で確実に取り込むことのできる太さのものを
使うことがもっとも良い方法であるということができるでしょう。

ウキについては、状況によって区別する必要があります。
磯で釣るような場合は基本的に中通しの円錐ウキ、防波堤で
グレを釣るような場合は棒ウキなどを使うと良いでしょう。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0