冬のグレ釣りに効果のある方法とは?

グレは和名をメジナといい、関西地方ではグレと
呼ばれている魚です。

人間をはじめとした哺乳類は恒温動物ですから、
気温の上下にかかわらず代謝をすることができる
わけですが、魚は変温動物ですので水温が
下がってくると代謝をすることができなくなります。

すると動かなくなり、エサもとらず一種の冬眠状態に
なります。
とりわけグレは水温の変化に敏感な魚であり、
水温が低くなるとすぐに、水温の安定した地域や
水中深くへと移動していきます。

寒グレは水温が14度以下になると、急にエサを
取らなくなってきます。

グレは基本的に磯に居ついている魚であるのですが、
水温が変化してくると回遊を始めます。

冬場は水温が低くなりますので、グレ釣りをするには
簡単ではないものの、夏に比べて冬のグレの方が
食べても圧倒的においしいことを考えれば、
冬のグレ釣りは厳冬期を除いてはもっとも推奨される
シーズンであるともいうことができるでしょう。

また、冬場はエサが少なくなる中で寒さに備えるべく
よく食べようとする習性からしても、冬のグレ釣りは狙い目です。

冬場の水温や潮目などを研究した上で、グレの居場所を
つきとめて竿をふるうことが効果的なグレ釣りの方法
ということになるでしょう。

グレは外洋で塩分濃度の高い潮を好みますので、
外洋に面した磯が主要な釣り場となります。

湾内や内海であっても、岩礁の上に作られた波止や
テトラが積まれた波止などで外洋の影響を受けた
場所であれば、グレは住みついていますので狙い目です。

そのほか、追い風のときにグレは釣りやすく、曇りの日も同様です。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0