グレ釣り 鹿児島の1級磯はどこ?

グレはメジナを指す関西方面の呼び名であり、釣り人の間では
食用や磯釣りの対象として人気の高い海水魚です。

主に東アジアの温暖な浅海に分布していて、クロダイに
よく似た形と青緑色の体色が特徴となっています。

もっとも多く釣り上げられるのは40センチ台のグレですが、
成魚は60センチ台に達するともいわれます。

釣りや定置網などで漁獲され、夏は磯臭さが強く冬になると
薄れるため、一般的には冬を旬としています。

旬のグレはくせのない淡白な白身であり刺身や焼き魚、
鍋物など、さまざまな食べ方で楽しむことができます。

鹿児島のグレ釣りで人気の磯といえば、宇治群島が
釣り人の間で有名です。

宇治群島は、さつま半島の南西に位置する南さつま市にある
ふたつの群島のうちのひとつであり、宇治島と宇治向島、
周囲の岩礁や小島などで構成されています。

宇治群島は対馬暖流の流れの中にあって魚の通り道に
なっているため、グレはもちろんいろいろな魚がいて釣り人には
たまらないスポットになっています。

上物では良型の尾長グレがいることでも知られ、口太グレでは
35cmから40cmといったクラスのものを釣ることができます。

また、串木野市の西方40キロメートルにあり東シナ海に浮かぶ
甑島列島も、釣り場として知られています。

荒々しい地形が特徴となっている下甑島の灯台下は、グレ釣りの
一級磯として、2ヶ月前から予約が埋まるほどの人気となっています。

鹿児島では磯釣りの発展と向上を目指し、毎年グレトーナメントも
開催されています。

「グレが釣れない・・・」とお悩みなら

数々の大会で日本一に輝いたプロ釣り師 山本八郎が
グレ釣りの極意をあなたに伝授します。

山元八郎のグレ釣りテクニック!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0